子どもが野菜を食べない!対処法や原因は?

子どもが野菜を食べない
スポンサーリンク

子どもが野菜を食べないので対策を教えてください!

たけるママ
たけるママ

4歳息子をもつママです。
うちの子どもは野菜が苦手で、小さい頃から緑の野菜は全く食べないので困っています。栄養不足になるんじゃないかと不安なので対処法を教えて下さい。忙しくてじっくり料理をする時間もない中で頑張って作ったのに食べてくれないと、本当に落ち込みます。

悩んで野菜のレシピを検索しても大変そうなメニューはマネができないし、どうせ食べないんだろうな~と思うと作る気にもなれません。前まではほうれんそうのビスケットなどのお菓子を食べていたし野菜ジュースも飲んでいたのでこれでなんとか…と思っていたんですが、おばあちゃんの家でチョコレートや甘いジュースをもらうようになってから受け付けなくなりました。

野菜嫌いの子どもの話はあるあるなので、うちだけじゃないんだと励まされはしますが、いざ台所に立つと重たい気分になります。野菜嫌いをちゃんと克服するまではいかなくても良いので栄養不足にならない程度で、何か負担にならないような工夫はありませんか?

子どもに野菜を食べてもらうにはいろいろな角度から

名犬アンサー
名犬アンサー

野菜、食べてほしいですよね。子どもの野菜嫌いを解消したくても、特に野菜は高価ですし、洗ってゆでて切ったりすりつぶしたりと下ごしらえも大変。そんな苦労のわりに子どもが食べないと辛いし、なにより栄養不足が心配なのは分かります。

野菜を食べない子どもに対しては、遊びの中で野菜を取り入れたり、野菜パウダーなどのアイテムを利用したりするのが効果的です。今すぐとはいかなくても何らかの働きかけを続けていると、こちらが忘れた頃に子どもが積極的にパクッ!と野菜を食べるかもしれませんよ。

子どもが野菜を食べるには

子どもに野菜を食べてもらいたい!と思いつめて毎日の食事がしんどくなるのは、保護者も子どもも辛いことです。いったん休戦して違う角度から試してみましょう。

野菜への苦手意識を和らげよう

子どもが野菜を見るだけで“イヤ!”という状態から抜け出すには?また、子どもの野菜への好感度を上げるには?

野菜を遊びの中に取り入れる

子どもにとって野菜がイヤなものにならないように、親しみが持てたらいいなという気持ちで働きかけましょう。もちろん、嫌がったらすぐに止めることが大切です。嫌がっているのに無理矢理続けるとますます苦手意識が強くなるので、忘れた頃に再開すると良いですよ。

カード遊びで働きかけ
遊び方はトランプとほとんど同じで、「野菜」と「野菜の花」のカードが32枚ずつ、「害虫」のカードが1枚入っています。害虫のカードはジョーカーだそうで面白いですね!例えば、ナスは実になる前にどんな花をつけるでしょうか!?というクイズとしても遊べますよ。

スポンサーリンク

おままごとで働きかけ
おもちゃで野菜をトントン切っていく感覚を楽しむだけでじゅうぶんです。
たとえおもちゃの野菜でも、子どもが嫌がらずに「触る」「楽しむ」ができていたら一歩前進!ふとした時に本物の野菜を見せたり買ってきた野菜を触らせると良いですね。
ただし、“野菜を好きになって!”という気持ちがにじみ出てしまわぬように自然体でやりましょう。

スポンサーリンク

お人形遊びで働きかけ

子どものお気に入りの人形やぬいぐるみを使わせてもらいましょう。
例えば、こちらが人形を動かして子どもに“おなかすいたー”と言い、人形に何を食べてもらうかという会話に誘導するんです。“野菜も食べて病気にかからないようにしようね”などと、子どもではなく人形に向かって言うことで、子どもが客観的に理解できるよう働きかけます。

絵本で子どもの野菜への好感度を上げる

子どもは「楽しい」が大好き。絵本の中で野菜が楽しく動いているのを見て、野菜の外見だけでも好きなってくれると素敵です。
以下の「おやおや、おやさい」は野菜たちがマラソン大会を繰り広げます!
小さい子は野菜の絵やリズムで楽しめ、物語が分かるようになった子は軽やかな文章でも楽しめるようです。

スポンサーリンク

スーパーの野菜コーナーでミッション

“自分でやりたい!”という時期の子どもであれば、食料品売り場に入る前に“ブロッコリーとにんじんとトマトを取ってきてほしい”などとお願いをするのがおすすめ。今日のミッションは、しめじとキャベツ!…というように楽しく野菜に触れられると良いですね。

当然、スーパーへ行くこと自体が大変な時期の子どもであれば、宅配注文をする時に工夫次第で楽しめます。まず買う野菜を口で伝えて、チラシであれば子どもに丸をつけてもらったり、ネット注文であれば「カートに入れる」を子どもにタップしてもらったり、小さいことですが野菜に関わる楽しさを増やしていきましょう。

子どもの好きな料理に混ぜ、野菜だと気づかれないようにしよう

子どもの野菜不足が心配だからと、頑張りすぎては裏目に出ます。子どもの野菜嫌いを解決するために、真っ向勝負は少なくて良いです!

野菜パウダー

9種類の国産野菜がパウダーになった商品です。ほうれんそう、ブロッコリー、安納芋の焼き芋、紫芋、れんこん、ごぼう、かぼちゃ、明日葉、黒酢もろみ、これら9種類の中から3つを選んで購入可能。野菜パウダーを好きな料理に混ぜ、焼いたり煮たり揚げたりするだけで野菜料理になります!

スポンサーリンク

例えば…
お好み焼き、焼きそば、ハンバーグ、チャーハン、クッキーに混ぜて焼く!
お粥、肉団子、カレー、シチューに混ぜて煮る!
スープのトロミ付けに使ったり、材料を混ぜて蒸しパンにも!

青汁

1日たったの50ml!牛乳やお水で割ることにより40種類以上の野菜と乳酸菌140億個を摂ることができます。子どもにお馴染みのキャラクターで、味も3種類あり、保存料・着色料・人工甘味料が無添加なので安心です。

スポンサーリンク

野菜チップス

15種類の野菜がカラフルなお菓子になっています!にんじん、かぼちゃ、ごぼう、しいたけ、れんこん、オクラ、ゴーヤ、紫芋、 青大根、赤大根、細切芋けんぴ、さつまいも、じゃがいも、ドライトマト、フライトマトが入っています。ただ、収穫期によって特定の野菜の量にバラつきがあるようです。

スポンサーリンク

子どもと野菜を育ててみよう(家庭菜園)

野菜の苗や種を一緒に買ってきて、声をかけながら毎日お世話をすることで愛着がわきます。上手く実れば喜びにもなるので食べるきっかけになるかも!ただし、マンションなどお住まいの環境によっては家庭菜園ができないケースもあるのでご注意ください。

ミニトマト

小学校によっては栽培する機会の多いミニトマト。育てやすく初心者向けで、「元がとれる」と評判です。

枝豆

とれたての枝豆は甘みがあり美味しいです。土壌を選ばず丈夫な野菜。

ラディッシュ

見た目の可愛い根菜で、収穫が早いです。葉や茎も食べられる野菜。

なぜ子どもは野菜を食べないのか

成長や経験と共に食べられるものは増えていく、そう言われてもいま野菜を食べてくれないと栄養不足が心配ですよね。子どもが野菜を食べない理由を頭に入れておけば、あまりイライラせず冷静さが保てるでしょう。

子どもには苦味や酸味を回避する機能がある

苦味は“毒”のサイン、酸味は“腐敗”のサインという風に、幼いうちは体が受け付けないようになっています。

好きな食材だけを食べ続けたいのが子ども

好きなものだけを食べたい!正直その気持ちは大人でも否定できませんよね。さらに子どもは過去の経験が原因で食べないこともあり「快」「不快」の記憶が関係してきます。快(安全)の記憶を増やすことで“食べることは楽しい”と思ってもらえることが大切です。不快(危険)の記憶と結びつけば食べない原因となるので、無理強いはNG。

ズバリ、子どもには何の野菜がおすすめ?

栄養は“バランス良く”がポイントで、偏ると逆に体調不良を起こすことがあるので摂りすぎはNG。しかし、いろいろな野菜を食べさせたいと思っていても手間や時間がかかりますよね。どんな野菜があればOKなのかご紹介します!

※どの野菜も子どもが小さいうちは細かくしてから食べさせましょう。

ほうれんそう

人間の体に必要な3大栄養素のうちの2つ「たんぱく質」「炭水化物」が多く入っています。ビタミンA(感染症の予防や免疫力の向上に役立つ)、ビタミンB、葉酸、ビタミンC(体を守るための働きを助ける)、食物繊維、鉄分、カリウム(摂りすぎた塩分を調節し、人間の体に必要なミネラルの一つ)も含んでいるので、栄養豊富と言えるでしょう。
比較的買いやすく、いろいろな料理に混ぜることもできるのでおすすめです。

枝豆

3大栄養素「たんぱく質」「炭水化物」「脂質」はもちろん、ビタミンA、B、葉酸、Cが入っています。食物繊維、鉄分(血を作り、集中力低下や頭痛などを防ぎます)を含んでいて、冷凍食品で売られているものをストックしておくと便利です。

ぶなしめじ

3大栄養素、ビタミンB、葉酸、D(ミネラルの吸収を良くし、強い骨にする)が入っています。食物繊維、カリウム、亜鉛も含んでいて、カット済のものを買って冷凍しておくとラクです。


スポンサーリンク

 名犬アンサー
名犬アンサー

名犬アンサーは息子が3歳くらいの頃、野菜の絵を描いてカードを作り、神経衰弱風のゲームにして遊んだことがあります。ついでに記憶力も上がることを期待して。

野菜を食べない時はイライラすることがたくさんありました。しかし食べない時は争わずサッと下げた方が別の日スムーズに食べることがあったので、気持ちを切り替えることをおすすめします。