名犬アンサーが参考にしている本

名犬アンサー参考本
スポンサーリンク
子育てや親の成長について学んでいます
  • 子どもへのまなざし
    乳幼児期の子育ての大切さがわかります。
  • 子育ては心理学でラクになる
    子どもを導く親自身のコンディションや意思を変えることで、子育てが楽に!
  • 子どもと悪
    いい子に育てたいなら、悪についてもある程度知っておいた方がいいのかも?
  • AIを超える! 子どもの才能は「脳育体操」で目覚めさせる!
    おうち時間を健全に過ごす方法が書かれてあります。
  • 新しい社会と子育て
    なぜ子育てを学ぶのか?社会が変わり、人は〇〇でさらに〇〇をするようになったから。
  • 乳母の文化史
    母親が授乳をしない文化・乳というサービスのやりとり等、驚きの文化史。
  • みんなママのせい?
    慈愛と献身に満ちた母親像への幻想や執着について。
  • 子どもの発達格差
    今を生きる子ども・未来に向かう子どもについて
  • メタ認知で学ぶ力を高める
    頭を働かせることについて。
  • スマホに負けない子育てのススメ
    子どもがスマホに依存せず主体的に生きていけるようにするには!
  • 天才は学校で育たない
    本来学びとは自発的なものである。
  • 一人でできる子になるテキトー子育て
    こだわらなくていい部分はこだわらないように。
  • 同じ勉強をしていて、なぜ差がつくのか?
    「自分の頭で考える子」に変わっていくにはどうしたらいいか。
  • 子どもを理解からはじめる感覚統合遊び
    ぼんやりした子、びくびくした子など個性にあわせた遊びについて。
  • 保育でつむぐ子どもと親のいい関係
    子どもの言動を丁寧に読み取ると、子どもといい関係になれる!
  • 自分でできる子に育つ「ほめ方、しかり方」モンテッソーリ
    3歳~12歳を対象にした、子どもの自主性を育む声のかけ方が書かれています。
  • マリア・モンテッソーリ「0歳からの教育の尊さ」
    子どもの発達に寄り添い子ども達を見守ったマリア・モンテッソーリ。
  • 自閉症の画家が世界に羽ばたくまで
    起きている間のほとんどを子育てに費やしたお母さんの姿。
  • モンテッソーリ教育が教えてくれた「信じる」子育て
    乳幼児期の子育ての”困った”具体例を上げつつ、細かく対処法が書かれています。
  • 子どもの才能を伸ばす最高の方法 モンテッソーリメソッド
    モンテッソーリで育つとどんな大人になるか、イメージが持てます。
  • 本家本元イタリア発! わが家を最高の「モンテッソーリ園」にする61のメソッド
    おうちでモンテッソーリ教育を行う場合の具体例が載っています。
  • 世界に通用する子どもの育て方
    もし、言われたことをやるだけの大人に育てば、今後の社会を生き抜くのは難しい!
子どもの病気について調べてみました。
  • わかってほしい!子ども・思春期の頭痛
    症例を紹介しながら、子どもの頭痛についての対処法が書かれてあります。
  • IBS(過敏性腸症候群)を治す本
    謎の腹痛は過敏性腸症候群?症例や対処法について。
  • ドクタークロワッサン 免疫力アップの決め手 腸内環境を強くする
    この本で、サツマイモの効果や水分補給のコツを知りました。
子どものことに限らず、大人にも当てはまる困った問題について。
  • 過敏で傷つきやすい人たち
    過敏さにも種類があって、どう向き合うか?日々を活き活きと過ごすには。
  • 敏感すぎるあなたへ
    脳に「良い手本」を見せることで不安を断ち切れる。
  • こころと人生
    子ども時代から老年期までそれぞれの問題について。○○で関係が浮き彫りになる!
動物から子育てのヒントを得ています。
  • 正解は一つじゃない 子育てする動物たち
    人は社会の中で子育てをする種族だけど、「〇〇べき」に縛られる必要はない!
  • 「サル化」する人間社会
    ゴリラは食べ物を分け合う。サルは分け合わない。人はどっち?
AIとは何かを考える時、人とは何かが分かってくる!
  • 強いAI・弱いAI
    強い弱いとは?9名の研究者の持論。人の知能や感情は人工的に作ることができるのか?
  • シンギュラリティは近い
    技術が急変して人の生活もガラリと変わる。変わっていく感覚を味わえます。
  • 人間の未来 AIの未来
    棋士と研究者の対談形式。人の創造とAIの創造とは?
  • 人工知能は人間を超えるか
    AIが人を征服するという考えはどうなのか。人間にしかできない仕事はまだまだある!
  • 図説 シンギュラリティの科学と哲学
    機械が人と同じように思考をするのか?など。
  • 人工知能はなぜ椅子に座れないのか
    世界を体感できるようになるには、働きかけが自分からできるかどうか。
  • 人工知能の「最適解」と人間の選択
    人工知能が判断の参考にするデータは偏見が反映されてしまう?
  • ビッグデータと人工知能
    人は身体や恐怖という感情をもつことで生き延びた。人工知能はどうなのか。