夏のエアコン!子どもの熱中症やクーラー病が心配

夏のエアコン使いで子どもが注意すること
夏にエアコンをつける時、子どもが熱中症やクーラー病にならないようにするには?
スポンサーリンク

Q.夏のエアコン、子どもだとつけっぱなしは良くないですか?

えいパパ
えいパパ

夏のエアコンは子どもがいると何度が適切ですか?
大人だけなら、あまり気にすることなくつけっぱなしにすることができますが、子どもは体温調節が未熟だということから冷やし過ぎてはいけない!!と妻に言われました。

たしかに、体が冷えると免疫力が落ちて風邪をひきやすくなるし、クーラー病というのも心配です。

ところがある日、子どもがいる部屋のエアコンをなるべくつけないようにしていると、子どもが不機嫌になったり頭が汗ぐっしょりになったりで熱中症の危険を感じました。


自分たちが子どもの頃に比べて現代の夏は暑すぎますから、熱中症になるくらいなら夜でもエアコンをつけっぱなしにしても良いのでは??と思います。
猛暑日は年々増えているので、夏は外で遊ぶよりもおうち時間が増えるでしょうし。

夏のエアコンは何度に設定するのが良いのか教えてください。
また、つけっぱなしにするとしたら何度なら大丈夫ですか?

A.夏のエアコンは子どもでも積極的に使いましょう

名犬アンサー
名犬アンサー

夏、エアコンをつけっぱなしにすることについて抵抗を感じる保護者の方は多いですが、注意点を守れば一日中つけっぱなしでも良いです。

エアコンは電源を入れる時に大きな電力を使うため、しょっちゅう電源をOn⇔Offするよりもつけっぱなしの方が省エネになります。(NHKの、猛暑は“災害”命を守る「熱中症」対策、というページより)


特に猛暑日でエアコンに頼らないのは、子どもも大人もNG!!
子どもは大人よりも暑さに弱いので、夏のエアコンは積極的に使っていきましょう。


えいパパさんがご心配のように、夏のエアコンで冷やし過ぎるとクーラー病に、設定温度が高いと熱中症になる危険があります。

夏のエアコンで押さえておきたいポイントは、室温が24~28度、湿度が50~60%です。
室温が28度を超えたら迷わずエアコンをつけてください。

ただし、室温は外の気温と差がありすぎると、体の負担が大きくなります。

時々、子どもの体を触ったり顔色を見たりして、暑いのか冷えているのかをチェックしてください。


子どもと夏のエアコンについて具体的な注意点を以下にまとめましたので、このページを読み熱中症もクーラー病も防ぎましょう!!

夏のエアコン使いで子どもが注意すべき点とは?

たとえ屋内でも、夏はエアコンを適切に使っていないと、子どもは熱中症になる危険性が高まります。
実際、部屋での熱中症の発生例を、消費者庁のサイトで以下のように確認しました。

「5歳の子どもがサンルームで遊んでいたら、昼過ぎから腹痛やおう吐、発熱、頭痛、体の痛みがあり救急外来を受診した。」
「9歳の子どもが友達の家でゲームをしていたら、だんだん頭痛や寒気がしてきたので帰宅した。保護者が熱を測ると38.2°C。子どもは悪寒を訴えていたため、救急外来を受診した。」
消費者庁のサイトにある”子ども安全メールFrom消費者庁 ”というページでは、過去に配信された子どもの安全についての情報が載っています。

夏にエアコンをつける時は具体的にどうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

1.夏のエアコンの設定温度は部屋の温度(室温)で変えよう

夏のエアコンは28度が適温だとされています。
しかしながら、エアコンの設定温度が28度であっても、室温が30度を超えていれば暑いと感じる方が多いです。

住環境やエアコンの機能によって違いがあるとはいえ、エアコンの設定温度というのは、室温と同じではありません。
温湿度計を子どもの近くで使って確認し28度を超えていれば、エアコンの設定温度を下げましょう。
室温の目安は、24度~28度なので、室温を確認しながらエアコンの設定温度を変えてください。

夏の室温は、エアコンからの距離や高さによって変わるからです。

ただし、34度を超える日は室温26度~28度が理想です。

スポンサーリンク

2.夏は温度だけでなく、湿度もコントロールしよう

夏のエアコン使いでは温度ばかりに目がいきがちですが、湿度を適切に保つことで子どもの快適さがグンと増します。
湿度の目安は50~60%。

湿度が50%より低いと冷えを感じやすくのども傷めやすくなるので、濡れタオルを干すなどの加湿対策を。
湿度が60%より高いと暑く感じやすくエアコンの設定温度を下げ過ぎてしまうので、除湿機も一緒に使いましょう。

湿度コントロールが可能なエアコンであれば、設定温度はそのままに湿度を下げるだけで快適に過ごすことができます。

スポンサーリンク

3.夏は夜もエアコンを使おう

寝ている間でも熱中症になる危険がありますし、寝汗をかきすぎて翌朝オムツかぶれなどが酷くなることも。
猛暑の日の夜は熱帯夜であることが多いので子どもが寝ている間でもエアコンをつけてください。

夏の夜の室温は、昼よりも1~2度高くなるように。

暑くて子どもの寝つきが悪い時はエアコンの温度を下げ、寝ついたら設定温度を戻しましょう。

4.エアコンの冷たい風が直接当たらないようにしよう

夏の暑さ対策でエアコンを使うのは正しいですが、涼しい風が直接子どもに当たり続けると冷えすぎてクーラー病になるかもしれません。
隣の部屋のエアコンを使い、扇風機で子どもが過ごす部屋の壁に向かって涼しい風を通すなどの工夫をしてください。

5.子どもの顔色を見て体幹部分を触ってチェックしよう

室温を子どもの近くで確認しながら、時々子どもの顔色もチェック。
子どもの顔が赤いと暑い、血色が悪いと寒いサインなので、エアコンの設定温度をその都度変えます。

さらに、子どもの体幹に近い部分(二の腕や太もも)を触って判断しましょう。
汗ばんでいる時は暑い、冷たい時は寒いです。

子どもの首元から背中を触ることでも暑いかどうかが判断できます。
汗でべたっとしていれば暑い、さらっとしていれば大丈夫です。

6.夏は涼しい時間帯に、換気をしよう

夏にエアコンをつけ閉め切った部屋にしていると、ハウスダストなどで空気が汚れる傾向にあります。
早朝などの比較的涼しい時間帯に5~10分で良いので空気を入れ替えてください。

7.カビが発生しないようにエアコンのフィルター掃除をしよう

エアコンをつけると子どもがくしゃみをすることがあります。
子どものくしゃみの原因は、設定温度が低くて寒いから、というケースもありますが、ハウスダストやカビなどのアレルギー症状が出ているかもしれません。

エアコンのフィルターにほこりや汚れがたまったまま使い続けると、冷房の効きが悪くなりますし、カビ発生の原因にもなります。
猛暑など、エアコンをよく使う時期には、2週間に1回を目安に掃除するのがおすすめです。

スポンサーリンク

夏のエアコンでなぜ子どもは熱中症やクーラー病になりやすいの?

子どもは体の機能が未熟なので夏の猛暑は大人以上に危険ですし、冷やし過ぎるのもいけません。
子どもはエアコンをつけていても熱中症になったり、逆にクーラー病になったりすることがあります。

猛暑のおうち時間を複数の人達と過ごす時は、エアコンの設定温度を暑がりの人に合わせましょう。
たとえば、パパが暑がりで室温を低めにする場合、子どもには靴下をはかせたり長袖を着せたりという対策をしてください。

スポンサーリンク

エアコンの温度が高めで子どもが熱中症に

室内にいるから子どもが熱中症になることは無い、大丈夫だ、と油断することがあります。
エアコンを28度にしましょう!という情報はよく目にしますが、28度がおすすめなのは“室温”です。
子どもの近くの温度は24度~28度に。

子どもも大人もエアコンの設定温度に気を付けて、積極的な水分補給も心がけて、熱中症を防ぎましょう。

エアコンの温度が低すぎて子どもがクーラー病に

体温を超える暑さに対応するためエアコンを使うのは良いことです。
しかし、設定温度を下げたままで室温が低くなりすぎたり、子どもが冷風の流れる位置にいたりすると、子どもの体が冷えすぎてクーラー病になってしまいます。

クーラー病(冷房病)は、頭痛や腹痛、食欲低下、だるさ、下痢などですが、他の病気の可能性もあるので、体の冷えを改善しても良くならない場合は病院へ行ってください。

夏、エアコンをつけるほかに子どもと猛暑を乗り切るコツは?

2018年に愛知県で小学1年の子どもが重度の熱中症で亡くなったというニュースは、たくさんの親子に衝撃を与えました。
エアコンの設定温度以外にも、夏の猛暑を子どもと過ごすにはどうしたらいいのでしょうか。

風通しの良い、着替えやすい服装にしよう

子どもの体は熱がこもりやすいので、通気性があり、襟元はゆるめで、全体的にゆったりと服装がおすすめ。
下着も乾きやすい素材を選んでください。
外出時は帽子をかぶったり日傘をさしたりしましょう。

汗をかいたらふき、着替えや入浴であせもを防ごう

夏は特によく汗をかく子どもは肌がデリケートなので、あせもなど皮膚のトラブルが悪化してしまうことも。
子どもはあせもができるとかゆがり、汗でさらにかゆくなってどんどんかいてしまいます。

子どもが汗をかいたらタオルでふき、帰宅した時や昼寝の直後、オムツ替えの時などタイミングをはかって着替えさせてください。
お風呂場でぬるま湯を使いお水遊びをさせ汗を洗い流すと、清潔のためにも良いですし、室内遊びにもなるので一石二鳥です。

スポンサーリンク

あえて汗をかく練習は不要

子どものうちから体を強くするため、子どもは汗をかく練習も必要だ!!という意見も見かけます。

環境省のHP「令和4年クールビズについて」というページで、体にある汗を作る部分が退化すると体温調節機能が動かなくなってしまう、という記載がありました。
これは、エアコンを我慢しようという意味ではなく、部屋を冷やし過ぎないように!という注意です。

子どもは日常生活の中で自然と汗をかいています。
猛暑の中で汗をかかせるためエアコンを我慢することは、熱中症の危険性を高めますのでやめましょう。

猛暑の中での外出は無理のない計画にしよう

自粛疲れを経て今年の夏休みは遠出をしよう!などと楽しい計画を考えている人もいるでしょう。
外を移動する時は涼しい時間帯を選び、暑い時間帯は屋内で楽しめるようにするなどの工夫が必要です。

体温超えの暑さが予想される日に長時間外で過ごすのは危険なので、連れ出さない勇気も持ってください。

水分補給は常に心がけ、味噌汁がおすすめ

熱中症対策の水分補給で大切なのは、のどが渇く前に飲むことです。
一気にたくさんの量を飲むと体に負担がかかるので、こまめに3口程度飲むのが理想です。(事前に子どもの活動量が多かった場合は、コップ1杯でも構いません)

子どもの熱中症予防におすすめなのは味噌汁です。
味噌はナトリウムイオンが豊富で、腸内環境の改善や夏バテの予防にも効果があり、クーラー病になりにくい体作りにも期待できます。

子どもと丸一日おうちで過ごすのもアリ

気温が34度以上だと、子どもとエアコンの効いた部屋で丸一日過ごす方が安全です。
午前中に体を使った室内遊びをして昼寝をさせ、午後はゆったりと過ごせたら生活リズムが整いやすいでしょう。

猛暑を無事に乗り切るには無理に毎日外へ出ようとしなくても大丈夫。
もし、紫外線を避けすぎることで現れる「くる病」が心配であれば、一日5~10分ほど日光を浴びることでじゅうぶん予防になります。


名犬アンサー
名犬アンサー

夏のエアコン使いについては子どもが小さかった時、困りました。
子どもが赤ちゃんだと、暑いも寒いも言わないし、泣いたとしても他の原因を考えがちなんですよね。

3歳くらいまで暑いのも寒いのも心配で、エアコンを具体的にどう使っていいのか分かりませんでした。

このページは10年前の自分に贈りたいです!!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました